TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

ドラマ「そして誰もいなくなった」のキャストと犯人のネタバレ!

   

この記事では今春にテレビ朝日で放送されるスペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」のキャスト・あらすじはもちろん、犯人のネタバレについても紹介したいと思います。放送前にドラマの核心について知りたくないという方はネタバレ部分は読み飛ばすようよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

2017年の春、“ミステリーの女王”ことアガサ・クリスティーの不朽の名作「そして誰もいなくなった」がテレビ朝日でドラマ化されます。「そして誰もいなくなった」は1939年刊行後、全世界で累計発行部数が1億以上を記録している大ヒット作品です。これまで色々な国で舞台・映画・テレビドラマの題材になってきました。ですが意外にも今作が日本では初の映像化作品となるそうです。
詳しい放送日時はまだ発表されていませんが2夜連続の大型スペシャルドラマとして放送されます。※詳しい放送日時については発表され次第追記いたします。
後ほど紹介しますがキャストも主演の仲間由紀恵さんはじめ超豪華な出演者が揃いました。

私は「そして誰もいなくなった」の原作を読んでしまっているのですでにストーリーがどのように展開されどのような結末が待っているのか知ってしまっているのですが、日本では初のテレビドラマ化ですし素晴らしい俳優さんたちが揃っていますので放送が今から大変楽しみです。

キャスト・スタッフ

<キャスト>
■白峰 涼(しらみね・りょう) 演:仲間由紀恵
元水泳選手。10年前の世界水泳で100m、200m自由形の2種目で金メダルを獲得するほどの実力者だった。現在は引退しており家庭教師をしている。

■五明 卓(ごみょう・たく) 演:向井 理
人気新進ミステリー作家。5年前まではアマチュアボクサーをしていた。

■ケン石動(けん・いしるぎ) 演:柳葉敏郎
軍事評論家で元傭兵。兵隊島には拳銃を所持してやってくる。

■神波江利香(こうなみ・えりか) 演:余 貴美子
東京中央救急センター・外科部長。趣味は釣り。

■久間部堅吉(くまべ・けんきち) 演:國村 隼
元刑事で現在は探偵を生業としている。橋元陽二と名乗り、建築関係のサラリーマンを装い兵隊島にやってくる。

■翠川信夫(みどりかわ・しのぶ) 演:橋爪 功
兵隊島にある『自然の島ホテル』の執事。ホテルのオーナーである“七尾 審”に雇われている。

■翠川つね美(みどりかわ・つねみ) 演:藤 真利子
翠川信夫の妻。信夫と一緒に『自然の島ホテル』の執事を務める。

■星空綾子(ほしぞら・あやこ) 演:大地真央
元銀幕の大スター。芸能界を引退していたが、夫に先立たれ復帰を考えている。

■門殿宣明(もんでん・せんめい) 演:津川雅彦
元国会議員。数々の政局と向き合ってきた政界の大物。

■磐村兵庫(いわむら・ひょうご) 演:渡瀬恒彦
元東京地方裁判所裁判長。どんな裁判でも公正な裁きを下すと評判の名裁判長だった。

<スタッフ>
原作・・・・・・・・・・・・・アガサ・クリスティ
脚本・・・・・・・・・・・・・長坂秀佳(※江戸川乱歩賞作家)
監督・・・・・・・・・・・・・和泉聖治(※『相棒シリーズ』)
音楽・・・・・・・・・・・・・吉川清之
チーフプロデューサー・・・・・五十嵐文郎(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー・・・・内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー・・・・・・・・藤本一彦(テレビ朝日)
               下山潤(ジャンゴフィルム)
               吉田憲一(ジャンゴフィルム)
               三宅はるえ(ジャンゴフィルム)
制作協力・・・・・・・・・・・ジャンゴフィルム
制作・・・・・・・・・・・・・テレビ朝日

スポンサーリンク

あらすじ

舞台は八丈島沖に浮かぶ兵隊島という孤島。その兵隊島に立つ『自然の島ホテル』のオーナーである七尾審という人物によって10人の男女が島に呼び寄せられた。
七尾からの招待状で集められたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。
島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は島に来ていないことを伝えられる。
これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのかと期待や不安を募らせながら用意された晩の食事を摂り始めるのだか、突然にどこからかそこにいる全員の過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
彼らそれぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、最初の犠牲者が出てしまう!そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと犠牲が増えていくのだった。
そして最後にはタイトルの通り誰もいなくなってしまう・・・
果たして犯人は誰なのか、そもそも犯人はいるのか、この大きな“密室”というべき絶海の孤島で起こった事件の結末は!

スポンサーリンク

犯人のネタバレ

ここからは「そして誰もいなくなった」の犯人について言及していきますので知りたくない方は読まないようお願いいたします。

今回のドラマが原作と大筋で変わらないことが前提で書き進めていきます。
まず原作の登場人物を見てみたいと思います。

ロレンス・ウォーグレイヴ・・・・元判事
ヴェラ・クレイソーン・・・・・・体育教師
フィリップ・ロンバード・・・・・元陸軍大尉
エミリー・ブレント・・・・・・・老婦人
ジョン・マッカーサー・・・・・・退役将軍
エドワード・アームストロング・・医師
アンソニー・マーストン・・・・・青年
ウィリアム・ブロア・・・・・・・元警部
トマス・ロジャーズ・・・・・・・執事
エセル・・・・・・・・・・・・・執事の妻

ドラマ版の登場人物と照らし合わせると中には性別や職業が全く違うのもありますが以下のような組み合わせになると思います。

ロレンス・ウォーグレイヴ=磐村兵庫(渡瀬恒彦)
ヴェラ・クレイソーン=白峰 涼(仲間由紀恵)
フィリップ・ロンバード=ケン石動(柳葉敏郎)
エミリー・ブレント=星空綾子(大地真央)
ジョン・マッカーサー=門殿宣明(津川雅彦)
エドワード・アームストロング=神波江利香(余 貴美子)※原作は男
アンソニー・マーストン=五明 卓(向井 理)
ウィリアム・ブロア=久間部堅吉(國村 隼)
トマス・ロジャーズ=翠川信夫(橋爪 功)
エセル=翠川つね美(藤 真利子)

では次に原作で犠牲になる順番を書いていきます。

1.アンソニー・マーストン
2.エセル
3.ジョン・マッカーサー
4.トマス・ロジャーズ
5.エミリー・ブレント
6.ロレンス・ウォーグレイヴ
7.エドワード・アームストロング
8.ウィリアム・ブロア
9.フィリップ・ロンバード
10.ヴェラ・クレイソーン

ストレートに考えるとヴェラが犯人で最後に自ら命を絶ったのだろうと思いますね。しかし確かにヴェラは自ら命を絶ちましたが犯人ではありません。では犯人はいないのかという話になりますがちゃんといます。犯人は島の館の主・オーエンでした。そしてオーエンの正体は6番目に亡くなったはずのロレンス・ウォーグレイヴでした。
※原作のオーエンはドラマの七尾審にあたります。
なぜ途中で犠牲になった人物が犯人なのか疑問に思うかもしれませんがその辺りの種明かしは実際にドラマを見てご確認ください。
まとめですがドラマ「そして誰もいなくなった」の犯人は磐村兵庫(=ロレンス・ウォーグレイヴ)ということになります。
しかし知ってしまうと犯人役として渡瀬さんが役者の格的にも一番無難かなと思ってしまいますねw

スポンサーリンク

 - DRAMA , ,


PAGE TOP