TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

不機嫌な果実のネタバレ・あらすじ!キャストと原作やTBS版との違い

      2017/01/30

4月から始まる新ドラマ「不機嫌な果実」のネタバレやあらすじを先どりで紹介したいと思います。
またキャスト情報や原作や過去に放送されたTBS版との違いにも書いていますので読むとこのドラマがより楽しめると思います。

スポンサーリンク


林真理子さんが不倫をテーマに書かれた『不機嫌な果実』を原作としたテレビ朝日の新ドラマ「不機嫌な果実」が栗山千明さん主演で4月29日の金曜日からスタートします。
放送時間は夜11時15分~0時15分とのことです。

『不機嫌な果実』は1997年にもTBSでドラマ化されています。
私は主演の石田ゆり子さんが好きでしたので、当時このドラマを見たことがあったと思います。
わりと濃厚なラブシーンがありドキドキした記憶があります。

TBS版の放送時間は22時からでしたが、テレ朝版は23時からと深い時間帯ですのでさらなるラブシーンに期待です。

しかしなぜ今「不機嫌な果実」なのでしょうかね?
原作が発表されてからは今年で20年になるそうです。
やはり年明けから芸能界やら政治界やらが不倫の話題で盛り上がったことが一因ですかね。
だとしたらテレビ朝日のドラマスタッフは相当ゲスイですw

不機嫌な果実、キャスト情報

まずは新ドラマ「不機嫌な果実」に出演するキャストのみなさんを紹介したいと思います。

以下が現在発表済みの主要キャストです。

  • 水越麻也子(みずこし・まやこ) 栗山 千明
  • 工藤通彦(くどう・みちひこ)  市原 隼人
  • 水越綾子(みずこし・あやこ)  萬田 久子
  • 遠山茂(とおやま・しげる)   六角 精児
  • 津久井哲史(つくい・てつし)  光石 研
  • 水越航一(みずこし・こういち) 稲垣 吾郎

栗山さんが演じる水越麻也子は子供はおらず夫と2人暮らしの主婦。
市原さんが演じる工藤通彦は麻也子と不倫関係になる音楽評論家。
稲垣さんが演じる水越航一は麻也子の夫で大手金属メーカーで営業部課長。

めちゃくちゃ簡単に言いますと栗山さんが不倫をする女性、市原さんが不倫相手の男性、稲垣さんが不倫をされる夫を演じます。

キャストのコメント紹介

栗山千明(水越麻也子・役)
2016年版の麻也子は純粋に幸せを求め、不満が募った結婚生活から脱出しようともがく女性。より多くの方に共感していただける主人公になっていると思いますし、そんな彼女のピュアな部分を前面に押し出して演じていきたいです。
【引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/fukigen/】

市原隼人(工藤通彦・役)
『不機嫌な果実』は、女性にとっては“見てはいけないものを見る高揚感が得られる作品”、男性にとっては“「女性ってこんなふうに思っていたんだ!」というヒントをもらえる作品”。僕自身もこれからどのような脚本が上がり、どのような言葉をテレビの前のお客様に伝えられるのか、すごく楽しみです。
【引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/fukigen/】

稲垣吾郎(水越航一・役)
僕自身はどちらかと言うと、異性のいいところしか見なくて、だまされやすいタイプ(笑)。ですから、本来知りたくはないんだけど、ちょっと覗きたくなるような女性心理を赤裸々に描いた『不機嫌な果実』は、とても興味をそそられる物語です。この作品のテーマは至って普遍的。原作が発表されて20年経った今、改めてまた映像化することにも面白味を感じました。女性はもちろん、男性からも支持を得られる作品になればいいな、と思います。
【引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/fukigen/】

スポンサーリンク

不機嫌な果実のネタバレ・あらすじ

ここでは「不機嫌な果実」の原作のあらすじを紹介します。
ネタバレを含んでしまいますのでストーリーを知りたくない方は読まないことをオススメします。

32歳のヒロイン水越麻也子(みずこし まやこ)は、結婚して6年目になる夫・航一(こういち)との生活に不満をつのらせ、昔の恋人である野村と不倫の逢瀬を重ねる。ある時、野村には別に若い愛人がいることが発覚するが、それでも野村との関係は続いて行く。その後麻也子は、ふとしたことから年下の音楽評論家・通彦(みちひこ)と知り合い、交際がはじまる。麻也子と通彦は次第に深い仲となり、ついに麻也子は航一との離婚を決意し、通彦と正式に結婚する。しかし、ほどなく通彦との結婚生活に幻滅した麻也子は、再び野村と密会するようになる。ある日突然、麻也子は子どもを作ることを思い立ち、野村とホテルのベッドに入る、というところで物語は終わる。
【引用元:wikipedia】

これを読んでいただけたら分かる通り主人公の麻也子の不倫相手は音楽評論家の工藤通彦だけでなくもう一人野村という男もいます。
この野村という男、かなりの重要人物ですがもちろん新ドラマでも第1話から登場するようです。
役名を野村健吾というらしいのですが3月14日時点でまだキャストが誰か発表されていません。
キーパーソンですからどなたが演じるのか大変気になりますね。
発表され次第追記したいと思いますのでお待ちください。

原作やTBS版との違い

水越麻也子の夫・航一を演じる稲垣吾郎さんの話では航一は原作よりも変わり者とのことです。
航一は超潔癖症で極度のマザコンという設定らしいのですが稲垣さんは演じるにあたり「これは僕の当て書き?これが僕のパブリックイメージなんだな」と思ったと自虐的なコメントをしています。
稲垣さんユーモアがありますね!
きっと稲垣さんにしか演じれない航一が見られることでしょう。

次に1997年のTBS版のドラマとの違いですがこれはテレ朝版が始まってみないと何とも言えません。
ですのでここではTBS版ではどのようなキャスト陣が演じたのかだけ紹介します。

水越麻也子 石田ゆり子
工藤通彦  岡本健一
水越航一  渡辺いっけい
野村修   内藤剛志
水越綾子  岸田今日子
高城理子  本上まなみ
竹田久美  横山めぐみ

新ドラマではまだ発表されていない野村という男をTBS版では内藤剛志さんが演じていますね。
そして稲垣吾郎さんが演じる夫の役を渡辺いっけいが演じています。
いっけいさんには失礼ですが夫が今回だいぶイケメンになりましたねw
夫が稲垣さんほどイケメンなら妻もそうそうの事では浮気しようと思わないのでマザコンやら潔癖症などダメ要素を増やしたのかなと思いました(^^;)

新しい「不機嫌な果実」はきっと原作やTBS版を見た方でも楽しめる内容となっていることでしょう。
1話スタートまでまだ少し間がありますが期待して待ちたいと思います。

スポンサーリンク

 - DRAMA , ,


PAGE TOP