TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

被災地・熊本で落書きが頻発、内容や画像を紹介!犯人は在日韓国人?

      2017/01/30

震災から1カ月以上たち少しづつ落ち着きを取り戻してきた被災地・熊本ですが悲しい事に現在県内で相次いで落書きが発見されているようです。
落書にはどのような内容が書かれていたのかまた犯人は単独なのか気になりますね。ネットでは犯人は在日韓国人との噂もありますがどうなんでしょうか?

スポンサーリンク


先月起こった4月16日に発生した熊本大地震から1カ月と10日近く経ちました。余震はやっと落ち着いてきたもののまだまだ避難生活をしていらっしゃる方が沢山おられます。
そんなまだまだ大変な時期にも関わらず被災地で落書きの被害が相次いでいるらしいのです。
ちょっと信じられませんね、もちろんイタズラじゃ済まされませんし普通の落書きよりも罪が重いです。
地震で亡くなった方、怪我をされた方、家を失った方の事を考えれば落書なんてできないはずです。
一体何のためにこんな事をするのか早く犯人が捕まってほしいものです。

落書きされた場所や内容は?画像あり

落書された場所は一か所ではありません。報道されている限りでは「熊本大神宮」、「八代市役所」、「益城町の住宅」が落書きの被害にあったそうです。

八代市役所は現在閉鎖中とのことですが市役所の外壁に青いスプレー塗料で「キャハー全壊も少しだったネー」と言った文言の落書きがされていました。

こちらが実際の落書きの画像です。

熊本落書き

しかし本当にひどいですね、よくもまあこんな心無い落書きができるものです。

スポンサーリンク

犯人は1人?在日韓国人の可能性?

落書の被害にあった場所が複数あるので犯人は1人でない可能性があります。複数の場合でも単独犯のなのかグループ犯なのかは分かりませんが。犯人に関する情報として自宅の壁に落書きされた益城町の方の話では犯人は20代くらいでボランティアを装ったような人物だったとのことです。

またネットでは犯人は在日や韓国人ではないかといった書き込みを何回か目にしました。
確か東日本大震災後、日本と韓国のサッカーの試合で韓国のサポーターによる「日本の大地震をお祝います」という横断幕が掲げられたことがありました。
私はこの出来事のインパクトが強かったので今回の落書き事件を知った時申し訳ありませんが犯人は在日や韓国の人間ではないかと思ってしまいました。
ただまだ犯人を特定するような情報は出てきていませんのであまり決めつけは良くないですね。

ツイッターの反応



スポンサーリンク

 - NEWS ,


PAGE TOP