TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

【さっぽろ雪まつり】魚氷が中止一転、継続で炎上?ネットの反応は!

   

さっぽろ雪まつりの名物ともいえる魚氷が中止一転、今年も継続して行われることになり、6日から展示が始まります。魚氷に関しては昨年末から物議をかもしており、一時は中止の方針だっただけにネットで炎上騒ぎになる心配もあります。言っては何ですが世の中には何にでもクレームをつけたがる人もいます。そういったクレーマーの方々の反応はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

2月6日から、北海道札幌市で毎年恒例の「さっぽろ雪まつり」が開幕します。「さっぽろ雪まつり」のすすきの会場(札幌市中央区)の名物である「魚氷(さかなごおり)」も6日から展示が始まり12日まで見られるそうです。
「魚氷」はサケやズワイガニなど魚介類を氷柱に閉じ込めた氷像で氷の中を魚らが泳いでいるように見えます。1984年から続く「さっぽろ雪まつり」の名物の一つとなっています。ちなみに「さっぽろ雪まつり」が始まったのは1950年です。今年の「魚氷」は『氷の水族館』をテーマに氷柱9本を使い、道内の魚介類9種を紹介するとのことです。

こちらは昨年の「魚氷」展示の様子です↓↓

魚氷

魚氷2

魚氷3

スポンサーリンク

この名物の「魚氷」が今年2017年は当初行われない方針でした。昨年11月、北九州市にある「スペースワールド」の魚を氷漬けにしたスケートリンクが問題になり、ネットで炎上、この事態を受け12月にはススキノの事業者らでつくる実行委が「来場者が不快な思いをしないように」と一時は中止の方針を固めていました。
ところが「魚氷」の継続を望む声が電話や電子メールで多数送られ実行委は中止一転、継続を決めました。報道によると寄せられた意見の8割がたが継続を望む声だったそうです。

ネットは批判する人の声が大きいですからどうしても数も多いと錯覚してしまうものですね。私としては「スペースワールド」の問題となったスケートリンクも即中止にする必要もなかったのかなと思ってしまいます。ちなみに「スペースワールド」は今年の12月いっぱいで閉園してしまうそうです。

さてネットの反応ですがtwitterなどでは今のところ批判らしい批判は無いようですね。割と「さっぽろ雪まつり」の「魚氷」は伝統文化として受け入れられているようです。某掲示板の意見などを見ていると「スペースワールド」の方は足下に魚が閉じ込められその上を人間が滑るのだから「魚氷」とは違うといってる人が多かったです。
確かに同じ氷の中に閉じ込めるでも残酷さでいったらだいぶ違うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 - NEWS , ,


PAGE TOP