TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

村岡寛(エースコック社長)の経歴、出身大学や年収!妻や子供など家族!

      2017/01/30

エースコック社長の村岡寛さんの経歴を紹介したいと思います。
社長ですからきっと一流の大学を出ているはず、どこの大学出身なのでしょうか!
妻や子供がいるのかなど家族についても調べてみました。

スポンサーリンク


本日放送の「カンブリア宮殿」に村岡寛さんが出演されるそうです。

村岡さんは豚のコックのマークやスーパーカップでおなじみのカップ麺製造メーカー「エースコック」の社長です。

村岡さんが出演する回の「カンブリア宮殿」は【“カップ麺”なのに…ヘルシー!即席めんの常識を変える企業】と題し、女性に向けた健康志向の「スープはるさめ」や「減塩」ラーメン、若い人たち向けの「麺増量」などで独自のカップ麺で業界に勝負している「エースコック」に迫るそうです。

私の中ではエースコックといえばスーパーカップ、そして容量が多いといったイメージです。
がっつり食べたい時にちょうど良いカップ麺です。

放送情報
放送日:2016年3月3日(木)
放送時間:22時00分~22時54分
放送局:テレビ東京
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

村岡寛の経歴(出身大学など)

名前:村岡 寛(むらおか ひろし)
生年:1952年
現年齢:63~64歳
出身地:大阪府
出身大学:関西学院大学経済学部
職業:エースコック 代表取締役社長

村岡寛さんは「エースコック」の創業者である村岡慶二さんの長男です。
ですので寛さんは2代目ということになります。

1994年に父親から社長職を継いだそうです。
ちなみに慶二さんは2002年に亡くなられています。

略歴
1975年、エースコックに入社。
その後、常務や専務を務める。
1994年、43歳の時代表取締役社長に就任。

エースコックは現在も成長を続けている企業です。

寛さんが就任後、発売された商品を少し上げてみると、「スープ春雨」や「東池袋大勝軒シリーズ」、「ブタキム」などがあります。

2代目に変わったとたん立ち行かなくなる会社は多いですけど寛さんは父親同様凄い才覚のある人物だったのでしょうね。

スポンサーリンク

エースコックの会社概要

エースコック

会社名:エースコック株式会社 ACECOOK CO., LTD.
設立:1954年1月20日(創業1948年4月1日)
所在地:大阪府吹田市江坂町1-12-40 紙谷新御堂ビル
資本金:19億2435万5千円
従業員:678名(国内)、5,215(海外)
事業内容:即席麺・スープ等の製造及び販売

エースコックの子豚のシェフのロゴマークはたいへん有名ですね。

エースコック2

ちなみにこのロゴマークは寛さんをモデルに父で創業者の慶二さんが考案したとのことです。

エースコックは、もともと製菓会社だったといいます。

創業者の慶二さんがパンやビスケットなどを製造する傍ら1959年に初めてとなるインスタントラーメン「北京ラーメン」を発売させました。

その頃は社名はエースコックではなくエースコックとなったのは1964年のことだそうです。

その後1983年に「わかめラーメン」、1988年に「スーパーカップ1.5倍」、2001年に「スープはるさめ」といったヒット商品を続々と生み出しています。

村岡寛の年収、妻や子供について

まず年収についてですが詳しいことは分かりませんでした。

しかし2014年の12月期のエースコックの売上高が956億円ほどだったらしいので、それから考えても社長の村岡寛の年収は10億円近くはあるのではないでしょうか。

次に家族についてですが結婚しており妻がいることが分かりました。
奥さんの名前は道子さんというそうです。

情報はありませんでしたが当然3代目となる跡継ぎもいるものと思われます。

カップ麺の体に悪そうだというイメージを払拭しようと日々新しいカップ麺づくりに挑んでいるエースコック社長の村岡寛さん、気になった方はぜひ今夜放送の「カンブリア宮殿」をご覧ください。

スポンサーリンク

 - PERSON , , , ,


PAGE TOP