TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

大谷翔平、右足首故障の原因はキックボクシングだった!?【動画】

   

残念ながら2017年3月から始まるWBCへの出場が叶わなくなった大谷翔平選手ですが、実は右足首故障の原因は野球とは関係ないキックボクシングだったのではないかとの噂があるようですので詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大谷翔平選手といえば22歳という若さでありながら日本プロ野球界のスーパースターであり顔です。現在日本でプレーする選手の中では人気も実力も飛びぬけた存在です。当然、今年3月に行われる野球の世界一を決めるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の侍ジャパンのメンバーとして招集されることが決まっていました。
ところが2月1日、大谷選手は足の状態が悪く、調整が遅れていることを理由に投手としてのWBC出場は辞退と報じられました。大谷選手が所属する日本ハムファイターズの栗山監督は「非常に残念。去年の日本シリーズで痛めた(右)足首の影響もあるので、投手はできない、とジャパンに伝えました」と日本ハムが春季キャンプを行っているアリゾナ州ピオリアで会見を開きコメントしました。
当初は投手がダメでも打者としては出場できるのではないか、大谷選手自身も「そこ(打者出場)に向かって頑張りたい」と話していました。
しかし3日に侍ジャパンの小久保監督が大谷選手を日本代表から外し、先発投手を代替招集することを明らかにしたため大谷選手のWBC出場がなくなりました。

右足首故障の原因はキックボクシングだった!?

今回、大谷選手がWBC欠場を余儀なくされた右足首故障ですが昨年の10月に行われた日本シリーズ第5戦(日本ハム対広島カープ)で三回の走塁で一塁ベースを踏んだ際に右足首を痛めたのが発端でした。
その後、11月にあった侍ジャパンの強化試合でも右足首痛を再発しています。
ところが怪我がそんな状態で、そして3月に大事なWBCが控えている1月にキックボクシングをしていたというのです。
大谷選手は1月に日本ハムでも活躍したメジャーリーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)と合同練習を行ったらしいのですが、その中で右足首痛を抱える右足でミットにキックを放つ「キックボクシング」を行っていました。
ダルビッシュ投手がその様子をインスタグラムに投稿しており大谷選手のWBC欠場が決まった後、ちょっとした炎上騒ぎになっています。

この投稿された動画を見ますと力を入れて蹴っているように見えますし、大谷選手の表情も明るいので右足の怪我は治っているのではないかと思ってしまいますね。
治っていたのにこのキックボクシングの練習でまた痛めてしまったのではないかと疑ってしまいます。
同じような疑問を感じたファンがダルビッシュ投手にSNS上で質問しているのですが、それに対しダルビッシュ投手は「あれは正月で身体の状態もかなりいい感じでしたよ(^^) しかもそのあと1月下旬まで鎌ヶ谷で調子良さそうに走ったりしている動画を確認していますし。もしあれで痛めていたら年始から走れていないはずですね」と説明しています。

しかし怪我の再発がキックボクシングでなくてもこの大事な時期にこんな無茶なことをしていたとは・・・
大谷選手はしっかり自己管理ができる人だと思っていたので今回の一件は少し残念です。

スポンサーリンク

ツイッターの反応




関連記事
大谷翔平・仮病説の真相!日本ハムが裏で指示?WBCに価値がないのが問題?

スポンサーリンク

 - PERSON , , , ,


PAGE TOP