TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

フジ涙目wショーンKの「ユアタイム」出演なくなる!代役が誰かを予想

      2017/01/30

ショーンK氏が活動自粛することにより出演予定だった4月から始まるフジテレビの新番組「ユアタイム」の出演取りやめが決まりました。
この突然の事態でショーン氏の代わりに誰が代役を務めるのか予想してみたいと思います。

スポンサーリンク


経営コンサルタントでイケメンコメンテーターとして知られるショーンK氏の経歴詐称が発覚した問題で責任の重さを感じたのか
ショーン氏は15日所属事務所のホームページで活動自粛を発表しました。
これに伴い4月からのフジテレビの新番組「ユアタイム」の出演取りやめが決まったそうです。
一番ショックなのはフジテレビでしょうね。
ここのところ低視聴率や評判の悪さが目立つフジテレビですから新しく始まる「ユアタイム」は良いスタートを切りたかったところです。
それがショーン氏問題でみそが付いてしまった印象です。
もう初回放送まであまり時間がありませんが誰を代役に立てるのかフジテレビとしては頭が痛いですね。

ショーンKの経歴詐称について

文春にスクープされたショーンK氏の経歴詐称の内容を改めて見てみましょう。

  • ・テンプル大学の学位を取っていたと公表していたが
    本当は取っていない。
  • ・ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得と公表していたが本当はオープンコース(3日間ほど)に1回行っただけ。
  • ・パリ第1大学に留学経験があると公表していたが本当はオープンキャンパスの中で聴講しただけ。

これはちょっとひどすぎて笑っちゃいますねw
ちなみにショーン氏は以下のような言い訳をしています。

「経営コンサルタントの活動には学歴は関係ないため正式なものを公開していなかった」
「ホームページは急ごしらへのものだったので誤った経歴を載せてしまった」
「アメリカで納税申告しなかったのは業務を行っている日本で納税しているからに過ぎない」

かなり苦しい言い訳だと思いますね。
昨年あたりから頻繁にテレビで見るようになったと思いますが彼をキャスティングしてきたテレビ関係者はショーン氏をよく調べなかったのですかね・・・
イケメンだから起用しようと簡単に考えたとしか思えません。

スポンサーリンク

ユアタイムってどんな番組

フジテレビの4月からの新番組「ユアタイム」の正式名称は「ユアタイム~あなたの時間~」です。

以下放送情報
スタート日:2016年4月4日
放送日時:毎週月~木曜23:30~24:25、金曜23:58~24:55
放送局:フジテレビ
MC:ショーン・マクアードル川上、市川紗椰

ご覧の通り「ユアタイム」は帯番組、しかもショーン氏はMCという重要な役割でした。
時間帯的に見れば長年「すぽると」を放送していた枠ですかね・・・
フジテレビが勝負をかけた新番組と言っても過言ではないような気がいます。

番組内容についても触れておきましょう。

フジテレビの夜のニュース&スポーツが生まれ変わる!
夜ニュースの常識を破る、新スタイル大型報道情報番組がスタート!
その夜、あなたが知りたいことはすべてがニュース。どんなニュースがどう飛び出すかは、あなたの知りたい気持ち次第。ニュースの定番や常識には全くとらわれない新感覚の大型番組だ。番組独自のとっておきの情報シャワーで満たされるのは“明日への活力”。この番組は、その日「あなたにとって最も特別なひととき」を提供する。
【引用元:http://www.fujitv.co.jp/tokuhen/16spring/new.html】

ショーン氏の出演がなくなり予定していた番組内容も代役の方に合わせて変わるかもしれませんね。
こりゃフジテレビも大変だ~(^^;)

ショーンKの代役は誰?

「ユアタイム」という番組自体が取りやめになるわけではないそうなのですがMCという大事なポジションを空席にするわけにはいきません。
そこでショーンKの代役について考えてみたいと思います。

まずショーン氏に似た人を選ぶのかそれとも全く違う人を選ぶのかタイプの違う人だと沢山いると思うので
ショーン氏に似た人物を探してみたいと思います。

ショーン氏の特徴

  • ・ハーフ
  • ・コメンテーター
  • ・イケメン
  • ・爽やかそう
  • ・年齢40代後半(ショーン氏は47歳)

そこで私が導き出した結論は川平慈英さんです。
本当はフジテレビと繋がりがあるジョン・カビラさんだと思ったのですけど年齢が57歳とショーン氏より10歳も上でした。
ちなみに慈英さんは現在53歳とのことです。

私の予想は多分はずれると思いますが代役が誰か発表されましたら追記したいと思います。

スポンサーリンク

 - PERSON , ,


PAGE TOP