TREND☆NOW

話題のアイテムや映画、注目のスポーツ大会など様々な流行を先取りして紹介するブログです。

【2017年】選抜高校野球大会の日程と出場校を紹介!

      2017/01/29

この記事では2017年の選抜高校野球大会いわゆる“春の甲子園”の日程と出場校を紹介いたします。前年2016年の選抜大会は智辯学園(奈良)が初優勝を果たしました。2017年は果たしてどこの高校が優勝するのか、そして最後の年を迎える大注目の清宮幸太郎選手率いる早稲田実業は選抜出場を叶えることができたのでしょうか。

スポンサーリンク


夏の甲子園ほどではないものの春の甲子園も非常に注目度の高い大会です。特に2017年は清宮選手の最後の年ということもあり早稲田実業が選抜に出場するものならマスコミは大騒ぎすることは間違いないと思います。早稲田実業は清宮選手を中心とした打線に比べ投手力が弱いと言われています。しかし選抜大会は投手が鍵と言われているので優勝を目指すには本番までに投手力を高める必要があるでしょう。

2017年・選抜高校野球大会の日程

大会名:第89回選抜高校野球大会
開幕日:2017年3月19日(日)
期間:3月19日(日)~3月30日(木)
選考委員会(出場校決定):1月27日(金)
組み合わせ抽選会:3月10日(金)
主催:毎日新聞社、日本高校野球連盟
後援:朝日新聞社
特別協力:阪神甲子園球場

スポンサーリンク

2017年・選抜高校野球の出場校

夏の選手権大会は各都道府県の代表校が必ず出場できますが春の選抜大会は選考基準が違います。出場校枠が32ある中で21世紀枠が3枠、神宮大会枠が1枠、そして一般選考の28枠を関東、近畿といった地域ごとに争います。

一般選考28枠の地区別校数は次の通りです。
▽北海道1▽東北2▽関東・東京6▽東海2▽北信越2▽近畿6▽中国・四国5▽九州4

【21世紀枠】
秋季都道府県大会において参加校数が128校を上回る都道府県はベスト16、それ以外の県ではベスト8以上の学校の中から、恵まれない環境、他校や地域に良い影響を与えているなどの理由で認められた高校が3校選出される。
【引用元:Hatena Keyword】

【神宮大会枠】
2003年の第75回大会から採用された。センバツの前年秋に行われる明治神宮大会の優勝校が所属する地区は、センバツの出場枠を1校増やすことができる。なお、必ずしも明治神宮大会の優勝校が出場枠に選ばれるわけではない。
【引用元:スポーツ辞典 s-Words】

一般選考の結果

【北海道(1枠)】
札幌第一(南北海道) 当確 ※道大会優勝

【東北(2枠)】
仙台育英(宮城) 当確 ※東北大会優勝
盛岡大付(岩手) 当確 ※東北大会準優勝

【関東東京(6枠)】
作新学院(栃木) 当確 ※関東大会優勝
東海大市原望洋(千葉)当確 ※関東大会準優勝
前橋育英(群馬) 当確 ※関東大会ベスト4
健大高崎(群馬) 有力 ※関東大会ベスト4
慶應義塾(神奈川) 有力 ※関東大会ベスト8
早稲田実業(東京) 当確 ※都大会優勝
日大三高(東京) 微妙 ※都大会準優勝

【北信越(2枠)】
福井工大福井(福井) 当確 ※北信越大会優勝
高岡商(富山) 有力 ※北信越大会準優勝
日本航空石川(石川) 微妙 ※北信越大会ベスト4

【東海(2枠)】
静岡(静岡) 当確 ※東海大会優勝
至学館(愛知) 当確 ※東海大会準優勝

【近畿(6枠)】
履正社(大阪) 当確 ※近畿大会優勝
神戸国際大付(兵庫) 当確 ※近畿大会準優勝
大阪桐蔭(大阪) 当確 ※近畿大会ベスト4
滋賀学園(滋賀) 当確 ※近畿大会ベスト4
報徳学園(兵庫) 有力 ※近畿大会ベスト8
智弁学園(奈良) 有力 ※近畿大会ベスト8
高田商(奈良) 微妙 ※近畿大会ベスト8

【中国・四国(5枠)】
宇部鴻城(山口) 当確 ※中国大会優勝
市呉(広島) 当確 ※中国大会準優勝
創志学園(岡山) 有力 ※中国大会ベスト4
鳥取城北(鳥取) 微妙 ※中国大会ベスト4
明徳義塾(高知) 当確 ※四国大会優勝
帝京五(愛媛) 当確 ※四国大会準優勝
英明(香川) 微妙 ※四国大会ベスト4

【九州(4枠)】
福岡大大濠(福岡) 当確 ※九州大会優勝
東海大福岡(福岡) 当確 ※九州大会準優勝
秀岳館(熊本) 有力 ※九州大会ベスト4
熊本工(熊本) 有力 ※九州大会ベスト4
れいめい(鹿児島) 微妙 ※九州大会ベスト8

21世紀枠

12月16日、21世紀枠候補の9校が決定しました。
以下の9校です。

▽富良野(北海道)▽不来方(こずかた、東北・岩手)▽石橋(関東/東京・栃木)▽多治見(東海・岐阜)▽富山東(北信越・富山)▽洛星(近畿・京都)▽倉吉東(中国・鳥取)▽中村(四国・高知)▽高千穂(九州・宮崎)

この9つの候補校中から来年1月27日の選考委員会で「21世紀枠」の3校が選ばれます。

21世紀枠の3校を予想
1.中村(高知)
部員16人で戦った昨秋の高知大会決勝で甲子園の常連である四国有数の名門である明徳義塾を2対0で下して優勝した。

2.不来方(岩手)
中村高校より少ない部員10人で戦った昨秋の岩手大会で準優勝を果たしている。

3.多治見(岐阜)
昨秋の岐阜大会で優勝。

神宮大会枠

11月に行われた明治神宮大会で大阪の履正社高校が優勝したため神宮大会枠の1枠は近畿が獲得することになりました。これで近畿は6校から7校に選抜出場校が増えたことになります。

2017年・選抜高校野球出場32校が決定

1月27日(金)、大阪市内で第89回選抜高校野球大会に出場する高校を決める選考委員会が開かれました。
その結果、一般選考の29校(※神宮大会枠1を含む)と21世紀枠の3校を合わせた32校の出場が決定しましたので紹介いたします。

【21世紀枠】
不来方(岩手) 初出場
中村(高知) 40年ぶり2回目
多治見(岐阜) 初出場

【北海道地区】
札幌第一(北海道) 2年連続2回目

【東北地区】
仙台育英 (宮城) 2年ぶり12回目
盛岡大付 (岩手) 4年ぶり4回目

【関東地区】
作新学院 (栃木) 5年ぶり10回目
東海大市原望洋(千葉) 7年ぶり2回目
前橋育英 (群馬) 6年ぶり2回目
健大高崎 (群馬) 2年ぶり3回目

【東京地区】
早稲田実 (東京) 4年ぶり22回目
日大三(東京) 6年ぶり19回目

【東海地区】
静岡(静岡) 2年ぶり16回目
至学館(愛知) 初出場

【北信越地区】
福井工大福井(福井) 2年連続5回目
高岡商(富山) 7年ぶり5回目

【近畿地区】
履正社(大阪) 3年ぶり7回目
神戸国際大付(兵庫) 7年ぶり4回目
大阪桐蔭(大阪) 3年連続9回目
滋賀学園(滋賀) 2年連続2回目
智弁学園(奈良) 2年連続11回目
報徳学園(兵庫) 3年ぶり21回目
高田商(奈良) 23年ぶり3回目

【中国地区】
宇部鴻城(山口) 2年ぶり3回目
市呉(広島) 初出場
創志学園(岡山) 2年連続3回目

【四国地区】
明徳義塾(高知) 2年連続17回目
帝京五(愛媛) 48年ぶり2回目

【九州地区】
福岡大大濠(福岡) 26年ぶり4回目
東海大福岡(福岡) 32年ぶり2回目
熊本工(熊本) 10年ぶり21回目
秀岳館(熊本) 2年連続3回目

関連記事
選抜・春の甲子園2017のドラフト候補、注目選手を一挙紹介!
【最速】選抜・春の甲子園2017優勝予想!大阪の2強と早実で決まり?

スポンサーリンク

 - SPORTS , , ,


PAGE TOP