ラジオ☆スター

自由気ままに自分が気になったことを記事にしています。

寿美菜子の結婚や彼氏の噂!団地妻って本当?高校や性格についても紹介!

      2018/05/15

もうすぐ10周年を迎える直前に活動休止を発表した“スフィア”ですが、彼氏関係の話題が多いメンバーでもあり、中でも寿美菜子さんはすでに結婚していて団地妻をしているなんて噂もあるくらいです。
そこで今回は、寿美菜子さんの彼氏や結婚の噂や団地妻って本当?という気になる話題に加え、出身高校や性格について紹介します。

寿美菜子の高校や出演作など経歴

芸名のような名前ですが本名で活動している寿美菜子さんは、時々名前の切り方を間違って呼ばれることがあるらしく、「寿美 菜子」とされてしまうそうです。

そんな珍しい名前を持つ寿美菜子さんのプロフィールから紹介します。

名前:寿 美菜子(ことぶき みなこ)
生年月日:1991年9月17日(プロゴルファー石川遼と同じ)
年齢:
身長:158cm
出身地:兵庫県神戸市長田区
血液型:B型
家族:母親がピアノの講師をしている、兄がいる、亀を飼っている
趣味:ダイビング、ドライブ、旅行、読書、映画・舞台・音楽鑑賞
特技:ピアノ弾き語り(最近はドラムも練習中)
利き手:左利き
好きなモノ:阪神タイガースのファンでデイリースポーツの愛読者
好きな食べ物:麺類(大の麺好きで願掛けとして麺禁止期間を設けることもある)
事務所:ミュージックレイン
レコード会社:ミュージックレイン、スフィアとしてはGloryHeaven(ランティス)、他にもキャラソンを出している
愛称:みなちゃん、ぶっきー、ぶきみん
称号:寿ホール(沢城みゆきが命名した)
受賞歴:第4回声優アワードで“放課後ティータイム”のメンバーとして歌唱賞を受賞

寿美菜子の出身高校は2カ所ある

寿美菜子さんはデビュー当時まだ高校生でしたが、高校生活最後の1年を横浜の高校に通っていたので、出身高校と言える学校が2カ所あります。

1年~2年生の頃は、地元の“兵庫大学附属須磨ノ浦女子高校”に通っており、仕事の度に上京していたので、仕事も忙しく大変な日々を送っていました。
しかし、高校3年生になったとき、声優業を本格的に行うため声優の勉強が出来る横浜の“東放学園高等専修学校”へ転校し、高校生活最後の1年を過ごしました。

声優としての人生を考えた寿美菜子さんの決意が感じ取れる転校で、高校卒業後は大学に通わず、そのまま声優業に専念しています。

寿美菜子が声優として出演した人気作を紹介

2006年から声優として活動している寿美菜子さんは、数々の有名作品に出演する実力派声優の1人です。

そんな寿美奈子さんを有名にした作品と言えば、2009年の『けいおん!』です。
この作品では、キーボード担当でお嬢様の「琴吹紬」役を演じ、劇中バンド“放課後ティータイム”のメンバーとして賞も受賞しています。

その後も、『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』の「宮守夏音」役や『TIGER&BUNNY』の「ブルーローズ」役など、数々の作品でメインキャラクターを演じています。
そして寿美菜子さんは『プリキュア』声優でもあり、『ドキドキ!プリキュア』にて「キュアダイヤモンド」の「菱川六花」役を演じています。
さらに『アイカツ!』シリーズでも「神崎美月」役で出演しています。

他にも、『響け!ユーフォニアム』の重要人物でもあり、「黄前久美子」の先輩で同じユーフォニアムを演奏する「田中あすか」役では、揺れる心情を見事に演じています。

ゲーム作品では『ファイナルファンタジーⅩⅢ』の「セラ・ファロン」を演じており、大人っぽい役が多い寿美菜子さんですが、本作では主人公の妹というかわいい系の役を演じています。
本作では、声幅の広さに定評があり様々な役を演じきる寿美菜子さんの実力の高さを実感します。

そんな寿美菜子さんですが、最近では声優や歌手だけでなく、映画や舞台の仕事などマルチに活躍しています。

子役出身で声優として活躍する寿美菜子の経歴

寿美菜子さんは、2003年から子役として活動していました。

そんな寿美菜子さんが声優を目指すようになったのは、幼い頃に経験した阪神・淡路大震災をテーマにした映画『地球が動いた日』でした。

ローカルアイドルとしても活躍していた寿美菜子さんは、地元関西の映画やCMなどに出演していましたが、2005年に開催された『ミュージックレイン スーパー声優オーディション』に合格し、見事声優への夢を叶えました。

2006年から声優としての活動を開始しますが、当時はまだ地元神戸の高校に通っていたため、仕事の度に上京していたので多くの作品に出演することが難しい状況にありました。
しかし、2009年の4月に高校を転校して横浜に住むようになり、声優としての活動を活発に行えるようになりました。

そして2009年に開催した事務所主催のイベントで“スフィア”結成が発表され、歌手活動が開始します。
さらに、この年は大ヒットアニメ『けいおん!』の出演により声優としての知名度がいっきに上がり注目されるようになります。
ちなみに、歌唱力の高い寿美菜子さんは、『けいおん!』楽曲のレコーディングで1発OKを連発させ、“ハモリのプロ”と呼ばれるほどの実力をみせました。

2010年には、『第4回声優アワード』で“放課後ティータイム”のメンバーとして歌唱賞を受賞し、加えて9月にはデビュー曲“Shiny+”でソロの歌手としての活動も開始します。

同年に続けて発売された2ndシングル“Startline”がアニメ楽曲チャートで1位を獲得するなど、声優としてはもちろん歌手としての人気も高まり、2012年には大都市4会場5公演のライブツアーを開催しました。

最近では声優としてだけでなく舞台や映画の仕事もあり、さらに活躍の幅を広げた寿美菜子さんに注目が集まっています。

スポンサーリンク


寿美菜子の性格や人柄

実は“スフィア”メンバーの中で最年少という寿美菜子さんの、見た目通り大人っぽくしっかり者と評判の高い性格や人柄について紹介します。

寿美菜子の性格は天然

寿美菜子さんは、『けいおん!』で演じた「琴吹紬」との共通点が多く、名前はもちろん時々出る強烈なボケが特徴的な天然な性格をしているそうです。

ラジオでは漢字や言葉を間違えることがあり、さらに無自覚で毒舌をはくときもあります。

寿美菜子の天然から生まれた“寿ホール”

寿美菜子さんの天然は共演者を飲み込んでしまうようで、トーク中の天然発言により共演者がブラックホールに飲み込まれたように翻弄される様子から「沢城みゆき」さんが“寿ホール”と命名しています。
この“寿ホール”の威力は凄まじく、ネット上で専用の解説ページが設けられるほどです。

以前、『第2回うみものらじお~あいしている!~』の収録中、「阿澄佳奈」さんの「今の言い方おかしかった?」というコメントに、寿美菜子さんが「なんとも思いませんでした」と返したことで「阿澄佳奈」さんが大爆笑したことが発端となっています。
そして、そんな「阿澄佳奈」さんは“寿ホール”最初の被害者となりました。
この発言は時々ネタにされており、伝説の始まりとなっています。

そして、寿美菜子さんが語る“寿ホール”の極意は、“滑ったら連帯責任”とのことです。

寿美菜子の真面目な人柄

“スフィア”メンバーの中では最年少の寿美菜子さんですが、一番芸歴が長いこともあり腰が低く真面目でしっかり者という人柄をしているそうです。

そして、天然に関しての自覚はあるらしく、自分をマイペースと語る寿美菜子さんは以前「結構大人っぽいと言われたりもするんですけど、普通にバカです」と発言しています。

確かに天然要素をもった他の声優とラジオ共演する際は、ツッコミ担当がいないために話がまとまらないこともあるようです。

さらに、深夜の生放送などで眠くなった寿美菜子さんがヒートアップしてしまうこともあり、そんな時は“スフィア”メンバーから“クピポタイム”と呼ばれています。
特に“スフィア”メンバーで無茶ぶりをする「戸松遥」さんからは、“期待を裏切らない美菜子”と言われています。

スポンサーリンク


彼氏や結婚の噂!団地妻って本当?

大人っぽく魅力的な寿美菜子さんの彼氏や結婚の噂について紹介します。

寿美菜子の彼氏が前野智昭という噂

実年齢よりも大人っぽく美人と評判の高い寿美菜子さんに彼氏がいると一時期話題になり、その相手が人気声優の「前野智昭」さんではないかと噂されました。

しかし、2人でデートしている姿を見たという話はネット上のモノでしかなく、事実確認をするほどの内容は出てこなかったので、あくまでも噂でしかありません。
他にも、声優さんにはよくある実は結婚していたという噂もありましたが、どの話も確定させるような証拠がないので、彼氏はいないのだと思われます。

寿美菜子は団地妻って本当?

彼氏のいない寿美菜子さんが団地妻という噂がありますが、この話は大人っぽい容姿の寿美菜子さんが団地妻っぽい見た目という内容が拡散され一人歩きした結果です。

色々な役を演じている寿美菜子さんの声幅の広さに定評があり、さらに本人の容姿も年齢のわりに大人っぽいので、実は結婚しているのではないかという噂から発展し、実は既婚者で団地妻っぽいと言われています。

服装によってはビジネスOL風に見えたり、同い年で仲の良い人気声優の「悠木碧」さんとと並ぶと、どう見ても母子にしか見えないと言われてしまいます。
この団地妻という称号に、寿美菜子さんは怒らないから最初に言った人出てきなさい!と言っていますが、やはりちょっと怒っているようです。

ネタとしてはかなりイジりやすい称号なので、トークを盛り上げるエッセンスになっているようです。


声優としての実力だけでなく、歌やダンスに関する能力が高い寿美菜子さんが、過去に撮った主演の実写映画が再映されることでも話題になりました。

そんな実力派声優としての活躍はもちろん、爆笑トークも楽しみな寿美菜子さんの今後に目が離せません。

スポンサーリンク


 - 女性声優 ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!