ラジオ☆スター

自由気ままに自分が気になったことを記事にしています。

藤田茜の本名や身長など!三大欲求が話題?花澤香菜似で可愛いと評判!

   

この記事では2017年に放送された話題作「エロマンガ先生」でメインヒロインを演じ一躍脚光を浴びて人気声優となった藤田茜さんについて取り上げたいと思います。
藤田さんはかなりの美人声優でありますし、様々なイベントや動画配信で藤田茜さんの魅力がどんどん引き出されており、今大変注目されている声優さんの1人です。
そこで今回は、藤田茜さんの気になる本名や身長など細かな経歴の他、ネットで話題の三大欲求についてや花澤香菜さんに似ているという噂もあるそうですのでそちらについても紹介したいと思います。

藤田茜の本名や身長など経歴

まずは、藤田茜さんのプロフィール紹介です。
何故か、公式プロフィールとして発表されていない身長が話題に上がっているので、別でピックアップして紹介します。

https://twitter.com/oreimo_eromanga/status/966687347071856640?s=20

名前:藤田茜(ふじたあかね)
生年月日:1993年1月26日
年齢:
身長:(詳細は後ほど)
出身地:静岡県
血液型:B型
家族:実家は農家
趣味:カフェめぐり
特技:手芸(?)、競技かるた
好きなモノ:甘い物、特にチョコレートが大好きで毎日でも食べている(チョコレートは買う店を決めているくらいのこだわりを持つ)
座右の銘:何とかなるさ
事務所:賢プロダクション
レコード会社:所属ユニット“VvoxX(ヴォックス)”はまだ配信限定楽曲
愛称:あーちゃん、三大性欲さん(ニコ生配信での失言によるキャラ)
受賞歴:賢プロダクション全国声優オーディション2011準グランプリ受賞
声優ユニット“VvoxX(ヴォックス)”のメンバー

藤田茜の本名

藤田茜さんの本名ですが、いくら情報をあつめても本名らしきモノは出てきませんでした。

さらに、もしかすると“藤田茜”は本名なのではないかという噂もあるくらいです。
ですが、もし本名でもかわいい名前だと思います。

さらに、藤田茜さんの本名を探っていくと、本名の代わりに裏名義が話題となっています。
裏名義とは、本来の声優活動とは別に、大人なアニメ作品で登場する際、時折表の声優が起用されている場合もあるので、その際に使われるもう一つの芸名のことです。

ちなみに、藤田茜さんが使っていると思われる裏名義が“夏和小(かなこ)”だと言われています。
この名前が本当に藤田茜さんなのかは定かではありませんが、声優さんとしてはあまり知られたくないモノではないでしょうか。

気になる藤田茜の身長は155cm

現在公式に発表されている藤田茜さんのプロフィールに身長の記載がなく、いったいどのくらいの体格なのかが話題になっていますが、実は検索すると155cmで大きく出てきます。

本当に155cmなのかを検証したところ、間違いなさそうです。

その理由として、同じ“VvoxX(ヴォックス)”メンバーの「稲川英里」さんが、自信の身長を154.5cmと公言しており、藤田茜さんが横に並ぶとほぼ同じくらいだったので、身長155cmの情報はあたっているようです。


(※集合写真一番左が藤田茜で、すぐ右隣が稲川英里)

現在は、新人声優として売り出し中のためか、公式プロフィールの情報が少ない状態です。
今後、様々なイベントや番組への出演がさらに増えると思われるので、これから色々な藤田茜さんを知ることの出来る可能性はあります。

藤田茜の声優デビューへの経歴

2011年、“賢プロダクション全国声優オーディション”で準グランプリに輝き声優としての活動をスタートさせました。

2011年のデビューからは、ゲームなどを中心に細々と活動を開始します。
最初は脇役ばかりであまり目立つ声優ではありませんでした。
その理由として、高校卒業の年でオーディションに合格し、結果も大学で上京した後に聞かされています。

そのため、事務所の方針で大学生としての学業専念の意味も含め、精力的な活動は控えていました。
当時は大学に通いつつ、事務所の養成所にも通っていたので、仕事が少なくても忙しい毎日を送っていたようです。
新人声優は相当な実力者でない限り、あまり無茶はさせず学生生活をしっかりと送ってもらおうという配慮の現れのようです。

2015年から一人暮らしを開始しましたが、もともと家事は苦手だったようで精神力で乗り切っているとの噂もあります。

2016年の大学卒業をきっかけに、一気に声優活動を本格化させ活躍の場を広げました。
声優活動を本格化させたと同時に、2016年放送の『魔法少女なんてもういいですから。』でいきなり初主演の「葉波ゆずか」役を演じて、注目を浴びることになります。

2017年では、話題作『エロマンガ先生』のヒロイン「和泉紗霧」役で、様々なイベントに出演し、藤田茜さんのかわいい顔と声が全国へ広がりました。

『エロマンガ先生』では、関連イベントで全国行脚を行うなど精力的に活動していた姿が印象に残っています。

同年の同時期に『ロクでなし魔術教師と禁忌教典』でもメインヒロイン「システィーナ=フィーベル」を演じています。

立て続きに担当したツンデレキャラ達がかわいすぎたので、藤田茜さんの名前と声をすぐに覚えることが出来ました。

現在は、『賢プロダクション』内で結成した声優ユニット“VvoxX”のメンバーとしても活動しており、ユニット内では儚さや不思議の担当で時々毒舌になるという謎の設定がもうけられています。
【参考:http://www.kenproduction.co.jp/special_archive/vvoxx/index.html

尚、儚さのある声をあてるキャラが得意だと藤田茜さん本人が公言しています。

昔の片道1時間かけて通っていた高校時代は放送部に所属し、高校3年生で『NHK全国放送コンテスト』の全国大会に出場した経験もあるそうです。
当時のニックネームで、“あねご”と呼ばれていたそうですが、頼りがいあるお姉さんキャラだったのでしょうか。

スポンサーリンク


藤田茜の三大欲求がすごいらしい

藤田茜さんの愛称に“三大性欲さん”というモノがあり、本当にそんなことがあるのかと謎に感じますが、これはニコニコ生放送中本人の言い間違えたことがきっかけとなっています。

ニコニコ生放送のコンテンツで『多数決ドラマ』というモノがあり、『エロマンガ先生』の「和泉紗霧」役を演じることになった藤田茜さんが、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない featuring エロマンガ先生』に出演した際での出来事です。

ドSキャラ設定のトーク後に、“三大欲求”を“三大性欲”と間違えたと言わなくても良いことを自分で言ってしまったことが原因です。

恥ずかしがっている藤田茜さんがとってもかわいいと思えた瞬間でもあります。
それから、ニコニコ生放送で“三大性欲さん”と呼称されるようになりました。

当時、藤田茜さんの性格がドSだというキャラが定着しており、ネタで“藤田を清純に戻していこう”という楽しい流れになっていました。

スポンサーリンク


花澤香菜似でかわいいとの声

藤田茜さんが、大人気声優の「花澤香菜」さんに似ていると話題になっています。

「花澤香菜」さんといえば、女性声優を中心にかわいい女の子が大好きなちょっぴりおじさん的性格を持つ美人声優さんで、フリートークのやさぐれドSな性格とは対照的に、ふんわりした美少女を演じ多くのファンを虜にしています。

そんな「花澤香菜」さんと藤田茜さんが、なんとなく雰囲気が似ていると話題になっており、某比較サイトでも約74%の人が似ているとの解答が集まっています。

実際、ニコニコ生放送中の地声でしゃべっている時の声は似ているように感じますし、顔の印象としても、なんとなく目元と口が似ているように感じます。

声は演じるキャラによってもありますが、事務所HPにあるサンプルボイスを聞いてみると、セリフ②とセリフ④の雰囲気と、特に語尾の息の抜ける感じが似ていると感じますが皆さんはいかがでしょうか。
【参考:http://www.kenproduction.co.jp/talent/member.php?mem=w88】

是非、藤田茜さんの声で「トゥットゥルー」と言って欲しいところです。
とにかく、声と顔がかわいいのは二人の共通点ということで間違いありません。

今回、新進気鋭の大注目声優藤田茜さんを紹介しました。
声優活動を本格化して、すぐにメインヒロインを1クールで2役も演じる藤田茜さんの実力は本物ではないでしょうか。
これからたくさんのキャラを演じる藤田茜さんの活躍に期待が高まります。

スポンサーリンク


 - 女性声優 , , , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!