ラジオ☆スター

自由気ままに自分が気になったことを記事にしています。

矢島晶子のクレヨンしんちゃん降板理由と後任声優を紹介!引退の可能性も?

      2018/06/14

大人気長寿アニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公「野原しんのすけ」役を演じ続けてきた矢島晶子さんが、6月いっぱいで降板するという報道が全国ニュースで伝えられました。
このニュースで多くのファンが驚いたと同時に、担当声優の矢島晶子さんを心配する声があがっています。
そこで今回は、矢島晶子さんのクレヨンしんちゃん降板理由と引退の可能性はもちろん、気になる後任の声優について紹介します。

矢島晶子の経歴!結婚はしてる?

数々の人気キャラクターを演じている矢島晶子さんは、50歳を超える大ベテランの声優さんです。
そんな矢島晶子さんのプロフィールから紹介します。

名前:矢島晶子(やしま あきこ)
生年月日:1967年5月4日
年齢:
身長:153cm
出身地:神奈川県川崎市(生まれは新潟県柏崎市)
血液型:B型
家族:結婚歴と離婚歴がある(現在バツ2らしい)
趣味:部屋の模様替え、一人旅、絵本の読み聞かせ
特技:挨拶程度のインドネシア語が話せる、エセウチナーグチ、モノマネ
事務所:フリーランス(AIR AGENCYと業務提携している)
レコード会社:キャラソンとして発売している
愛称:あっこ(矢島という苗字の先輩声優がいたため名前に由来するモノが用いられている)
お世話になった先輩:滝沢久美子
免許:普通免許、保育所保母免許
受賞歴:日本芸術専門学校の特別講師をしている

女優を目指して声優になった矢島晶子

演劇が好きだった矢島晶子さんは最初女優を目指していましたが、とある出会いにより声優としての成功を収めることになります。
そんな、矢島晶子さんの経歴を紹介します。

小学5年生から短大まで演劇部に所属していた矢島晶子さんは、ずっと演劇の道を志し女優を夢見ていましたが、父親の反対もあり短大卒業後は和菓子屋に就職します。

しかし、演劇が大好きだった矢島晶子さんは、仕事をしながら演劇養成所の夜間コースに通いながら細々と演劇の勉強を続けていました。
やがて、本格的に女優を目指す決意をした矢島晶子さんは、仕事を辞めて昼間のコースを受験しますが、残念ながら結果は不合格となってしまいました。

そんな矢島晶子さんに、当時演劇養成所の講師をしていた一人が実験的な稽古場を立ち上げるという話しを受けます。
決意を新たに、その劇団に所属した矢島晶子さんはそこで演技の勉強を続けることになります。

その劇団には、現在声優として活躍している「チョー」さんも所属していました。
ある舞台で「チョー」さんを観に来ていた「たてかべ和也」さんという人物から、声優にならないかとスカウトされます。
「たてかべ和也」さんは、『ぷろだくしょんバオバブ』でマネージャー兼声優をやっていた方で、この出会いによって矢島晶子さんは声優という職業を知ることになります。

声優としてデビューした矢島晶子さんは、いきなり『アイドル伝説えり子』という作品の「田村えり子」役という主人公に大抜擢されます。
この時、「田村えり子」の母親役で出演していた「滝沢久美子」さんから声優の基礎を学んだそうです。
その後も、才能を開花させた矢島晶子さんは、多くのアニメ作品はもちろん洋画の吹き替えを行う人気声優として忙しい日々を過ごすことになります。

矢島晶子さんは、演劇で培った演技力で多くのキャラクターを演じており、アニメ作品では美少女ヒロインを演じることが多いようです。
さらに、洋画の吹き替えでも多数の作品に出演しており、特に白人金髪の美少年をやらせたらトップクラスの演技力を発揮する声優会の至宝とまで言われています。

そんな矢島晶子さんが、1992年から『クレヨンしんちゃん』の「野原しんのすけ」役を担当する事になりました。
本作で矢島晶子さんは、「野原しんのすけ」を26年3カ月という長期にわたり演じ続け、特徴的な言い回しや独特な声は老若男女に広く知られる声となりました。

ちなみに、最初の1年は洋画の吹き替えで行うような少し高めの声質で演技していましたが、2年目から実の弟の笑い方などを参考に現在のような声へと変えていったそうです。
当時は、声優の突然交代や担当が別の声優になったのではないかという噂も流れたほどの違いでした。
しかし、「野原しんのすけ」の独特な声色は印象が強く、25年以上の長寿アニメの礎となっていることは間違いありません。

2010年に『ぷろだくしょんバオバブ』を退所した矢島晶子さんは、フリーでの活動を開始します。
2015年から『クレヨンしんちゃん」で共演してきた「藤原啓治」さんが設立した『AIR AGENCY』と業務提携を行い、現在も『AIR AGENCY』が矢島晶子さんのマネジメント業を代行する形となっています。

2018年6月、長く演じ続けてきた「しんのすけ」役を降板することが発表され、矢島晶子さんの今後の活動に心配の声が多数あがっていますが、声優は続けていくとのことなので、今後の活躍が待ち遠しいです。

矢島晶子は結婚していた

男性に関する噂が少ない矢島晶子さんですが、実は結婚していたそうです。
しかし、現在はバツ2の独身とのことです。

矢島晶子さんが結婚していたという情報は、過去に夫婦喧嘩に関する内容が公言されていたので間違いありません。
当時、夫婦喧嘩をすると矢島晶子さんが「野原しんのすけ」になるらしく、喧嘩も爆笑で終わるというオチになっていたそうです。

結婚していた時期は、1度目が2007年以前で2度目は2014年以前と言われており、どちらかの時期で苗字が「小笠原」さんだったという噂もあります。

尚、夫だったという男性に関する情報が殆どなく、もし相手が業界関係者なら話題となっていると思われるので、一般男性と結婚してたという可能性が高いようです。

バツ2で現在は独身という矢島晶子さんの気になることと言えば、お子さんがいたかどうかという話です。

公式プロフィールに絵本の読み聞かせとあるので、お子さんはいる可能性は高いと思われます。
一人旅が趣味という話からお子さんはいない可能性が高いという話もありますが、矢島晶子さんの年齢からお子さんがいたとしてもそれなりに成長している可能性が高く、もし出産歴があっても一人旅を楽しむ余裕はあるのではないでしょうか。

もしかすると、自分の時間を大事にする矢島晶子さんの性格との相性が悪かったため、離婚という結果になってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク


クレヨンしんちゃん降板理由!引退の可能性も?

2018年の6月29日放送回を最後に矢島晶子さんが「野原しんのすけ」役を降板することが発表されました。

次に、『クレヨンしんちゃん』降板の理由や引退の可能性について紹介します。

矢島晶子が降板した理由

矢島晶子さんが『クレヨンしんちゃん』を降板する理由は、「野原しんのすけ」を演じ続けることが難しくなったからとのことでした。

これは以前からスタッフや関係者と協議した結果で、今までの声を保ち続けることが難しくなってきた現状に残念なことではありますが、プロとして苦渋の決断をしたそうです。
矢島晶子さんの勇気ある決断には、心配の声と同時に賞賛の声も届けられています。

これほど長く続く作品は滅多にあるモノではありません。
しかし、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなったと語る矢島晶子さんは、『クレヨンしんちゃん』の収録後は確実に声が荒れてしまい、他の仕事を断り続けていたそうです。

ここ数年で出演作品も激減する矢島晶子さんに引退の噂が流れる中出演した『ポプテピピック』の野原兄妹の共演は衝撃的でした。

矢島晶子は引退しない

今までの声を保ち続けることが難しくなったための降板ということですが、声優としての仕事は今後も続けていくことも発表されているので、引退の心配は必要なさそうです。

発表の直後は、体調不良や病気なのではないかと心配する声も多く、引退の噂も流れていました。
『クレヨンしんちゃん』と言えば、過去に「藤原啓治」さんが突然の入院という事態となり「森川智之」さんが代役を務めるということもありました。

声はキャラクターのイメージそのものですが、一人の声優さんが長く同じ役を演じ続けていくことはとても大変なことです。

一先ず、引退せず声優を続ける矢島晶子さんの今後の活躍が楽しみでが、まずはゆっくりと喉を休めて欲しいと思います。

もしかすると『クレヨンしんちゃん』劇場版のゲスト声優として登場するのかもしれませんが、その時は「野原しんのすけ」ではなく矢島晶子さん本来の声での出演になることでしょう。

スポンサーリンク


野原しんのすけの後任声優は誰?

6月29日放送分で矢島晶子さんの出演は終了し、7月以降は新しい声優さんへバトンタッチとなりますが、やはり後任の声優さんが誰になるのかということに注目が集まっています。
まだ現在の段階では、後任の声優さんは調整中とのことです。

以前『ドラえもん』のレギュラー陣が総入れ替えとなった際は、後任として各キャラクターを演じることになった方々のプレッシャーは計り知れないものでした。
今回も、後任となる声優さんのプレッシャーがすごいと思われます。

「野原しんのすけ」といえば、モノマネされるアニメキャラクターの中でも上位に位置します。
そんな「野原しんのすけ」の後任をやりたいという人が続出しています。
『ルパン三世』の時は、そっくりな声を持つ「栗田貫一」さんが起用され話題を呼びましたが、今回は後任声優の選出は最重要課題なので、オーディションか特設の選考委員会などによって決められるのだと思われます。
そっくりの声色を持つ人物というよりも、次の新しい「野原しんのすけ」を演じきれる人物が起用されることでしょう。

テレビで矢島晶子さんが演じる「野原しんのすけ」を聞くことが出来るのもあとわずかとなりましたが、7月以降の『クレヨンしんちゃん』で誰が「野原しんのすけ」を演じるかという点にも注目です。

矢島晶子さんは、『ドラゴンボール』の「野沢雅子」さんくらい認知度が高い超有名な声優さんです。
そんな矢島晶子さんの降板は全国ニュースで放送されるほどのビックニュースでした。
そして、『クレヨンしんちゃん』が長く愛され続けられている作品となったのは、矢島晶子さんの功績と言っても過言ではありません。

どんな役でもこしてしまう矢島晶子さんの今後の活躍が楽しみです。

※追記
6月14日に矢島晶子に代わって野原しんのすけの声を担当する後任声優が小林由美子さんに決まったと発表されました。
小林さんは『焼きたて!!ジャぱん』の東和馬役のほか、『デュエルマスターズ!』の切札ジョー役や『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~』のピッポ役などで知られる声優さんで、
「大役を仰せつかり光栄と共に責任の重さを痛感する毎日です。矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でも早く皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います」とコメントを出しています。
なお小林さんのしんちゃんが登場するのは7月6日(金)の放送回からとのことです。

スポンサーリンク


 - 女性声優 , , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!