虹色びより

世の中のニュースや話題について気になったことを記事にして紹介しています。

佐々木貴浩の顔画像と経歴!妻や子供はいる?パワハラ社長の人物像に迫る!

   

2018年3月、農業アイドル「愛の葉Girls」の大本萌景さんが自ら命を絶ちました。その原因が所属していた事務所社長らによる酷いパワハラと過酷な労働を強いられたことにあったとで萌景さんの遺族が社長らを相手取り9268万円の賠償金を求めて裁判を起こしたというというニュースがありました。

そこでこの記事では被告となった萌景さんが所属していた事務所「hプロジェクト」の社長である佐々木貴浩氏について取り上げたいと思います。
佐々木氏の経歴を顔画像と共にお伝えするとともに妻や子供がいたのかについても調べてみましたので合わせて紹介したいと思います。また佐々木氏が行っていたとされるパワハラがどのようなものであったかについても触れたいと思います。

佐々木貴浩が行ったパワハラについて

ここでは佐々木氏が萌景さんに行ったと言われているパワハラについて紹介していきたいと思います。

以下が報道でよく目にしたパワハラの内容です。

・「アイドルを辞めたい」と申し出ると、「辞めるなら1億円の違約金を払え」と要求
・イベント終わりの終礼で4時間に渡ってやり直しをさせる
・全日制の高校進学への進学費用を会社側が工面すると話すが高校に納付する前日になって貸付を拒否

そのほか事務所スタッフによるパワハラも報告されいますので紹介します。

・脱退したい旨を伝えると、LINEで「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」と返す
・休日を希望すると「お前の感想はいらん」「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」などと返す

これが全部本当だとするとヤバすぎですよね。ブラック企業を通り越して犯罪臭がプンプンしてくる事務所です。
ただ社長の佐々木氏によると報道されているようなパワハラは無かったと全否定しているようです。

文春オンラインの記事につきまして

先日、株式会社文藝春秋が運営する文春オンラインにおいて愛の葉Girlsのメンバーが帰らぬ人となったこと(以下「本件」といいます。)についての記事が掲載されました。

弊社におきましては、故人のご冥福を祈りつつ、弊社に一切の発言を認めないというご遺族の意向から、本件に関する発言を控えておりました。

しかしながら、上記記事において事実ではないことがまるで事実であるかのように書かれており、現在、インターネットや各種SNS上において虚偽の情報が飛び交っておりますことから、やむなく本件に至った事情を説明することに致しました。

上記記事では、弊社の代表佐々木が故人に対して1億円を要求したかのように書かれておりますが、そのような事実はないことを断言させて頂きます。

故人に対しては高校入学に必要な入学金や制服代を貸し渡しましたが、ご遺族からその返金は受けておりません。

現在、亡くなった理由は弊社にあると決めつけた上で、ネット上に脅迫文言や誹謗中傷を書き込んだり、業務妨害を目的とする電話をかけ続けたりという例が相次いでおります。

脅迫・名誉毀損・業務妨害等の違法行為につきましては、現在、警察に相談し、弁護士を通して法的手続をとる様、進めております。

愛の葉Girlsは弊社を離れ、他社において活動する予定となりましたが、変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

今後何か動きがありましたら逐一皆様へご連絡致します。

hプロジェクト株式会社 代表取締役 佐々木貴浩

「なぜそういう話になるのか残念。萌景ちゃんとは家族同然の打ち解けた関係にあり、スタッフのLINEメッセージが過激なのもそのスタッフが萌景ちゃんの兄貴分のような存在だったから。私は、お母さんのことが大好きな萌景ちゃんが、なぜか『家に帰りたくない』と、深夜までゲームセンターで時間を潰しているのを迎えに行ったり、私の家に泊めたことも一度や二度ではない。逆に悩みを相談されていたほうなんです」
【引用元:THE PAGE】

スポンサーリンク


佐々木貴浩の顔画像と経歴!

名前:佐々木貴浩(ささき たかひろ)
生年:1968年
年齢:50歳(※2018年10月現在)
出身地:愛媛県新居浜市
実家:割烹料理店
会社:hプロジェクト株式会社
所在地:愛媛県松山市中野町甲726-2
役職:代表

佐々木氏の実家は割烹料理店を営んでおり小さい頃から家業の手伝いもしていたそうでそれが影響で将来は料理に携わる仕事に付きたいとの思いがその頃からあったといいます。

高校を卒業すると愛媛県松山市内の高級ホテルに就職し、そこでレストランの厨房や接客など修行の日々を送ります。しかしそのホテルを数年で辞め飲食店に勤務するようになります。

その後その飲食店も辞め1993年に自身で飲食店を開業し経営者となります。それから20年の間にお店を10数店舗に増やし事業の拡大に成功しました。

2011年の6月にはhプロジェクトを設立、2012年12月にガールズ農園「愛の葉(えのは)」を設けると同時にアイドルグループ「愛の葉Girls」を結成させました。

飲食に関わる仕事をしてきていた佐々木氏なぜ急に芸能事務所を立ち上げたりアイドルグループを作ったりしたのか気になると思いますのでその辺りについて説明したいともいます。

佐々木氏の叔父さんが農家だったらしく叔父さんの農作物に関するこわだりや愛情を聞くにつれて農作物に興味を持つようになり、農業に新たな風を吹かせたいという考え始めたようです。
そこで古臭いとか年配者のイメージが強い農業を若い女性を使ってアピールすれば農業のイメージアップにつながるのではと思い立ち作ったのがhプロジェクトであり「愛の葉Girls」でした。

ちなみに「愛の葉Girls」は現在hプロジェクトからイベント会社「株式会社フィールド愛の和」に事業譲渡されています。

スポンサーリンク


佐々木貴浩に妻や子供はいる?

最後に佐々木氏は結婚をしているのか、そして妻や子供がいるのかについて紹介したいと思います。調べてみた結果、どうやら結婚をされており妻の他に子供が2人いるということが分かりました。

奥さんの年齢や子供の年齢性別についての有力な情報は無かったのですが、hプロジェクトには佐々木真理さんという社員の方がいたらしくこの方が佐々木氏のお子さんである可能性も考えられるとのことです。

しかし自分に娘がいたのだとしたら「愛の葉Girls」の女の子たちにももう少し親身になるというか大事に扱おうとする気持ちが芽生えても良いような気がしますが...

さてこの記事では自ら命を絶ったご当地アイドルグループ「愛の葉Girls」の大本萌景さんが所属していた事務所の社長佐々木貴浩氏について取り上げてきました。

これから萌景さんの遺族と佐々木氏らかつての事務所との間で裁判が行われることになっています。今後萌景さんのような悲劇のアイドルを生まないように報道にあるようなパワハラや過酷な労働が本当にあったのかハッキリさせてもしあったのならしっかり罰してほしいと思います。

スポンサーリンク


 - NEWS , , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!