虹色びより

世の中のニュースや話題について気になったことを記事にして紹介しています。

飯田怜の顔画像や経歴!彼氏はいる?四つん這いリレーで賛否両論!

   

10月21日に福岡県で開かれた第38回全日本実業団対抗女子駅伝の第4回予選会に当たる「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」で岩谷産業の第2区を担当した飯田怜さんが走れなくなった後、四つん這いで進みながらなんとか次の走者にタスキをつないだものの膝をすりむき流血してしまうというアクシデントがありました。

この記事では流血してしまった飯田怜さんの顔画像や経歴を紹介するとともに四つん這いになり血を流しながらタスキをつないだ今回の飯田さんの行為に対し色々と賛否両論がネットを中心に巻き起こっているようなのでどんな意見があるのか紹介したいと思います。

プリンセス駅伝で流血アクシデント

2018年10月22日、福岡県の宗像市と福津市で第38回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の第4回予選会「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」が開催されました。

このプリンセス駅伝で岩谷産業2区走者の飯田怜さんが第2中継所の「勝浦浜」の手前200メートル付近で走ることができなくなり、そこから四つん這いになり膝をすりむき血だらけになりながらも進み続け次走者である第3区の今田麻里絵さんになんとかタスキをつなげるという一幕がありました。

ちなみに飯田選手が走れなくなった理由はどうやら骨折だったようです。詳しくは右脛骨(けいこつ)の骨折で全治3~4カ月と診断されたようです。
また飯田さんが四つん這いになり流血しながら進む状況を見て運営側が止めることもできたのではと思いますがなぜ止めなかったのかについての声明は出していないようです。

今となっては飯田さんの流血四つん這い走行に対して否定的な意見もかなり出て来ていますが、TV中継時はアナウンサーが「がんばれ、飯田!」と実況したり、Twitter上では「凄まじい根性と精神力」「すごい執念を見た」「涙が止まらない」といった肯定的なコメントが目立っていたようです。

ちなみに今回の「プリンセス駅伝」の岩谷産業の順位についてですが一時飯田さんのアクシデントがあり参加27位チーム中最下位となりましたが飯田さんの為にとチームが奮起し最終的に21位まで盛り返しゴールしました。
ただしクイーンズ駅伝の出場権はプリンセス駅伝の上位14チームにしか与えられないとのことです。

スポンサーリンク


飯田怜の顔画像や経歴!彼氏はいる?

名前:飯田怜(いいだ れい)
生年月日:不明
年齢:19歳(※2018年10月時点)
出身地:熊本県
身長:165㎝
趣味:ドラマや映画を見ること
出身高校:ルーテル学院高校
所属チーム:岩谷産業

飯田さんは熊本県の出身です。高校はルーテル学院高校というところを卒業されています。ルーテル学院高校は飯田さんの地元である熊本にあるのですが高校時代は女子寮生活だったようです。

2018年の3月に高校を卒業され、同年4月に岩谷産業に新入社員として入社しました。ちなみに岩谷産業には2017年に完成した陸上競技部の社員専用の寮(※名前はさくら)があるらしく飯田さんもさくらで生活している可能性があります。

飯田さんの家族については情報が全く出てこず知ることができませんでした。また彼氏に関する情報についても調べたのですがこちらも噂程度のものすら出てきませんでした。
まあ芸能人ではありませんし、失礼な言い方ですが有名な選手というわけでもありませんので情報が少ないのは仕方がないですね。
ただ今は陸上競技に打ち込んでいる様子ですので年齢もまだ10代ですし彼氏はいない可能性の方が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


四つん這いに対するネットの反応

「プリンセス駅伝」で起こった今回の飯田さんのアクシデントといいますか流血しながら四つん這いで進んだ行為に対してTV中継中は応援する人やエールを送る人が多かったようですが「プリンセス駅伝」が終わってからは賛否両論、特に否の方が目立ってきているようです。

といっても批判だったり否定的な意見は飯田さんに対してではなく殆どは飯田さんを止めなかった運営や岩谷産業の監督に向いているようです。
ただ日刊スポーツの報道によると岩谷産業の広瀬永和監督は運営側に対して飯田さんにレースを止めさせるように伝えていたことが明らかになっています。

広瀬監督はレース当日、各チームの指導者が集まる監督室でライブ映像を確認していた。「残り200メートルで飯田の姿が映らなくなった。それで(飯田が)倒れたのを見て、四つんばいではいつくばっているのを見た。あと何メートルかわからなかったけど、大会役員に『やめてくれ』といいました。あの状況をみたら、どの指導者でも止める」。

しかし広瀬監督の意図が主催者側を通じて、飯田のもとにいくまでにタイムラグが生じた。結局、飯田は両膝をすりむきながら、3区にたすきを渡す形となった。広瀬監督はその後、主催者側から「(監督の意図がコース上の役員に)伝わるのに時間がかかった。(伝わった時に)あと15メートルで選手(飯田)が動いていたから、見守ってしまった」と説明を受けたという。
【引用元:日刊スポーツ】

最後にこの騒動に対するTwitterの反応を紹介します。

スポンサーリンク


 - SPORTS , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!