世の中のニュースや話題について気になったことを記事にして紹介しています。

WIN5で史上最高額の4億7千万円が出た!当選者はどんな人?税金の額も半端なかった!

   

一日にして4億7千万円以上の大金を手に入れた強運の持ち主が現れました。

2月24日に行われた中央競馬のWIN5で、史上最高額配当の4億7180万9030円が飛び出した。発売票数は674万129票で的中は1票。キャリーオーバーは発生しなかった。
【出典元:スポーツ報知】

競馬のWIN5(ウィンファイブ)というやつですね。私も競馬で賭けたことはありますがWIN5はやったことがなくどのようなものか良く分かっていません。

WIN5とは?
JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着になると思う馬を選び、5レース全ての1着馬を当てる馬券です。
【出典元:JRA】

なるほど5つのレースで全て1着を当てなくてはいけないのですね。難しいだけに配当金も高くなるのが頷けます。
ただ5レース全てで人気馬が1着だった場合はそれほどの配当金は得られず、やはり高額配当や超高額配当を狙うには何レースかは穴馬を入れた予想しなければいけないようです。

では史上最高額の4億7180万9030円が出た今回のWIN5ではどのような馬が1着となっていたのでしょうか。

1レース目・阪神10R     サトノルークス(2番人気)
2レース目・中山10R     ブラックジョー(15番人気)
3レース目・小倉11R     メイソンジュニア(12番人気)
4レース目・阪神11R     スマートオーディン(11番人気)
5レース目・中山11R     ウインブライト(5番人気)

まとめるとこうなります↓
2番人気→15番人気→12番人気→11番人気→5番人気

10番人気以下が3頭も絡んでいますね!これで当選者が一人しかいなかったわけですから史上最高の高額配当も納得です。

ちなみにこれまでのWIN5での配当金の最高額は2016年の8月21日に記録した4億2012万7890円で1着になったウマの人気は8番人気→6番人気→5番人気→15番人気→1番人気というものでした。

また公営ギャンブル全体で見た場合の過去最高の配当金額は2010年10月に平塚競輪で記録した9億598万7400円とのことです。

スポンサーリンク


当選者はどんな人?

さて今回のWIN5で約4億7千万以上を当てた当選者についてですが、残念ながら全く情報が出ていないようでどのような人物なのか、男性か女性かすら分かりませんでした。

もちろん高額当選したからといって氏名を公表する義務もありませんしメディアの取材を受ける義務もありませんから当選者本人がTwitterなどで名乗り出ない限り当選したのが誰だったのかおそらく世間に知れ渡ることはないでしょう。

当選者がどのような職業の方かは分かりませんが私だったら間違いなく仕事は辞めて隠居生活に入ると思います。
4億7千万円て本当にそれぐらいの大金だと思います。

ただ気になってくるのは税金の問題です。今回の配当金額に対してどれくらいの税金を納めなければいけないのでしょうか。

スポンサーリンク


税金の額も半端なかった!

プロ野球選手で数億という莫大な年俸を貰っていても半分ぐらいは税金で持っていかれてしまうという話はよく聞きますが今回のように競馬で4億7千万円ほど当てた時の税金はどれぐらいの額になるのでしょうか。

犬くん
イヌくん

税金はいくら取られるんだよ

ネコちゃん
ネコちゃん

一時所得だから
(払い戻し額-当たり馬券購入額-50万円)×1/2×税率
概算で税率50%として4億7,000円の1/4で
税金は1億2,000万弱かな

キリンさん
キリンさん

一時所得なので
4億2012万円×2分の1に対して、通常の所得税の税率がかかる

最高税率50%はいってないけど、だいたい50%で計算すると

税金で1億円くらい取られる計算

税金1億円以上と思うと取られ過ぎだろうと思いますが仮に1億2千万円税金で消えると考えても3億5千万円以上は残るので遊んで暮らすとかしなければ一生働かなくても大丈夫でしょう。

スポンサーリンク


 - スポーツ , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!