虹色びより

世の中のニュースや話題について気になったことを記事にして紹介しています。

大本萌景の経歴や家族!彼氏はいた?愛の葉Girlsのメンバーや活動内容も!

   

この記事では所属事務所社長らによるパワハラや過重労働が原因で自ら命を絶った農業アイドル「愛の葉Girls」のリーダーだった大本萌景さんについて取り上げたいと思います。
悲劇を招いた今回の事件について簡単にお伝えしながら、萌景さんの経歴や家族のほか生前彼氏はいたのかなど恋愛に関する噂も調べてみましたので紹介したいと思います。
さらに萌景さんが所属していた「愛の葉Girls」のメンバーや活動内容についてもご紹介したいと思います。

アイドルを追い詰めたブラックすぎる事務所の悪行

2018年3月に1人のアイドルが自ら命を絶つという悲劇が起きました。そのアイドルというのは愛媛県を拠点に活動する農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のメンバーだった大本萌景(ほのか)さんです。
萌景さんは所属事務所社長らのパワハラや過重労働を苦に命を絶ったと言われています。なお所属事務所「hプロジェクト」の社長である佐々木貴浩氏についてはまた別の記事で取り上げたいと思います。

佐々木貴浩の顔画像と経歴!妻や子供はいる?パワハラ社長の人物像に迫る!

話を戻しまして萌景さんがどのような過酷な環境に身を置かれていたかを説明したいと思います。

愛の葉Girlsとしての活動は多忙で、早い日は朝4時半に集合、翌日の午前2時までつづくこともあった。週3回のレッスンもあり、拘束時間は平均して1日12時間を超えていたという。

月給は3万5000円(研修生はなし)と安く、規則に違反すると重いペナルティも課せられた。遅刻や忘れ物をすると1回5000円、禁止されている陰口をすると1~3万円、指定イベント欠席で1カ月の報酬を50%カットだ。
【引用元:J-CASTテレビウォッチ】

ひどい事務所ですね。地方アイドルとはいえ信じがたい劣悪な環境です。週末だけでなく平日もイベントに駆り出されほとんど休みがなかったといいます。そんな馬車馬のように働かされて雀の涙ほどの給料しかもらえずしかもちょっとした違反で減給されるとかヤバすぎです。
しかも上の引用文で紹介したペナルティの他に“親に不満しゃべっても罰金100万円”という驚愕のルールもあったそうです。法的効力があるのか分かりませんが事務所との契約にはタレント活動やグループの情報について口外することを厳しく禁じる条項があったといいます。

あまりにも耐えがたい環境に萌景さんはスタッフに脱退を申し入れたことがあったそうです。するとスタッフからは「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」と返され、さらに休日を希望すると「お前の感想はいらん」、「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」などと歯牙にもかけない様子だったそうです。

ブラック企業なんて言葉がありますがここの事務所は犯罪企業と呼んでいいいレベルですね。

萌景さんは今年1月に「愛の葉Girls」のリーダーを務めるようになったのですがその頃から事務所のパワハラはさらにひどくなったようです。

萌景さんへのパワハラも、リーダーになった今年1月から悪質になったと主張。イベント終わりの終礼では、所属事務所の社長から4時間に渡ってやり直しをさせられたとしている。萌景さんはその日の帰りの車内で、幸栄さんにLINEで「もうつらい。やめたい。つらいんよ」と漏らしていた。
【引用元:スポーツ報知】

上の引用文にある幸栄さんというのは萌景さんの母親の事です。萌景さんは耐えきれなくなって禁じられていた親へ相談に踏み切りました。すると社長からは「愛の葉Girlsを辞めるなら1億円払え」と脅されとうとう萌景さんは自ら命を絶ってしまいました。

萌景さんの遺族は現在、所属事務所の佐々木貴浩社長らを相手取り9268万円の賠償金を求めて松山地裁に提訴しています。

スポンサーリンク


大本萌景の経歴や家族と彼氏について

名前:大本萌景(おおもと ほのか)
生年月日:2001年10月23日
享年:16歳
出身地:愛媛県松山市
血液型:O型
身長:154cm
所属事務所:農業生産法人hプロジェクト

萌景さんは中学2年生の頃、当時学校でいじめを受けていたらしく「自分をいじめている友達を見返したい」という思いから2015年7月に農業生産法人「hプロジェクト」のオーディションを受け合格、同社所属のアイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーとして活動を始めました。

まさかそのような思いで始めたアイドル活動が最悪な事態を招いてしまうとはこの時本人も家族も思わなかったことでしょう...

萌景さんは「愛の葉Girls」として初めは研修生として無給で1年間働いた後、2016年8月からはレギュラーメンバーに昇格し、今年1月にはリーダーに就任していました。

萌景さんの高校についてですが2017年4月、通信制の県立の学校に入りそうです。通信制を選んだのは中学時代のいじめが原因だったのかもしれません。通学日は火曜日と日曜日だったそうですが、「日曜のイベントに出られる」という理由で社長から全日制の高校への転入を進言されたそうです。実はこれも社長の酷さを示すエピソードの1つでもあります。

17年6月ごろには「日曜のイベントに出られる」という理由から、社長から全日制の高校進学を勧められた。その際、進学費用は会社側が工面すると聞かされ、萌景さんもそのつもりで進学を期待していたが、高校に納付する前日になって貸付を拒否されたという。
【引用元:弁護士ドットコム】

次に萌景さんの家族について家族についてご紹介します。遺族が損害賠償を求めて松山地裁に提訴する際に会見を開いたのですがその時の会見の写真の様子から母親の幸栄さんの他にお姉さん(可穂さん)がいることが確認できています。

お姉さんの可穂さん、さすがに沈痛な面持ちですが萌景さんに似て可愛らしい方ですね。
ちなみに萌景さんの父親ですが3年前に両親がすでに離婚しているらしく離婚後は幸栄さんがシングルマザーとして子供を育てていたことが幸栄さんのツイートにより明らかになっています。

次に萌景さんに生前彼氏はいたのか萌景さんの恋愛事情についてお伝えしたいと思います。ネットで調べた範囲では彼氏の存在や熱愛の噂は確認することができませんでした。
やはり亡くなった年齢も16歳でしたし13歳ごろからアイドル活動を始めていたことを考えれば恋愛未経験だとしてもおかしくありません。さらに萌景さんは中学時代いじめを受けていたので彼氏を作る余裕なんて無かったと思われます。
ただもし彼氏がいたのなら萌景さん心の支えに多少なりともなったでしょうし命を救うことができたかもしれません。

スポンサーリンク


愛の葉Girlsのメンバーと活動内容

最後に今回の萌景さんの事件で初めて「愛の葉Girls」というアイドルグループを知ったという方も多いかと思いますので、「愛の葉Girls」がどういったアイドルでどのような活動をしており、どんなメンバーがいるのかを紹介したいと思います。

「愛の葉Girls」は2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動しているいわゆるご当地アイドルです。「愛の葉Girls」はご当地アイドルであるというほかに“農業アイドル”という特徴があります。

日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。
【引用元:Wikipedia】

元々は今回萌景さんの遺族が訴えている相手、タレント育成などを行う「hプロジェクト株式会社」によって生み出された「愛の葉Girls」でしたが2018年3月に活動を自粛すると同年6月1日からイベント会社「株式会社フィールド愛の和」に事業譲渡され活動を再開し今に至ります。

以下が現在のメンバー9人です。

<愛の葉Girls>
・橋川美紀(はしかわみき) 1995年8月3日生まれ
・真鍋姫花(まなべひめか) 2003年10月3日生まれ
・田中優香(たなかゆうか) 2003年5月8日生まれ
・AYANON(あやのん)
・Aina(あいな)
<練習生>
夢叶(ゆめか)
和(なごみ)
<愛の葉タレント>
mahiro(まひろ)
河野佳歩(こうのかほ) 1999年9月6日生まれ

さてこの記事では今年3月に亡くなった大本萌景さんについて取り上げてきました。この事件や萌景さんについて知れば知るほど所属事務所の悪行を許せない気持ちが強くなります。裁判の行方がどうなるか気になりますが天国の萌景さんが少しでもうかばれるような結果になってほしいと思います。

スポンサーリンク


 - TALENT , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!