虹色びより

世の中のニュースや話題について気になったことを記事にして紹介しています。

黒沢ともよの本名や大学!演技が下手で子役から芸歴が長く性格が悪いとの噂も?

   

この記事では第12回声優アワードで主演女優賞を受賞し、群を抜いた演技力の高さから“ベテラン新人声優”と言われることもある黒沢ともよさんを取り上げたいと思います。しっかりと演技を評価され権威ある賞を獲ったにもかかわらず黒沢さんに対して演技が下手との意見がネット上には存在するようです。
そこで今回は黒沢さんの本名や大学といった経歴はもちろん演技についての評価や子役からの芸歴が長いからなのかあまり良くないと噂のある性格についても紹介したいと思います。

黒沢ともよの本名や大学など経歴

黒沢ともよさんの声優としての活動は2012年からで、最初はあまり目立つ役はないのかと思いきや、元々高いポテンシャルを持っていたので、あっという間にメインキャラを演じています。

そんな黒沢ともよさんの気になる経歴はもちろん、本名や現役女子大生として通う大学について紹介します。

名前:黒沢ともよ(くろさわ ともよ)
生年月日:1996年4月10日
年齢:
身長:149.5cmくらい(もう少し伸びている可能性がある)
出身地:埼玉県秩父市(秩父の出身ということで、秩父のOVAに出演)
血液型:O型
趣味:観劇、音楽、料理
特技:高速鼻の穴動かし、ギター演奏(高校時代はバンドもやっていた)、ジャズダンス、歌
事務所:マウスプロモーション
レコード会社:マーベラスAQL(ドキドキ!プリキュアのOP曲)
愛称:もよちー(本人のブログタイトルが元となっている)、ともよ様、ともよ先生、ともちん、ともにゃ
尊敬する先輩:大竹しのぶ
受賞歴:第12回声優アワードにて主演女優賞を受賞、第4回アニラジアワードにて最優秀女性ラジオ賞(新人賞)を受賞、プリキュアシリーズで9人目の主題歌担当歌手に抜擢

黒沢ともよの本名は漢字で朋世

黒沢ともよさんの本名ですが、子役時代に活動していた際すでに“くろさわともよ”と名乗っており、字は“黒沢朋世”と書いていたので、これが本名ではないかと言われています。

黒沢ともよの通っている大学は日本大学

黒沢ともよさんは現在大学在学中ですが、その大学が日本大学ではないかと言われています。

本人のブログで、中学から6年間の学び舎を卒業したと書いてあったため中高一貫校の学校に通っていた可能性が高く、その学校が日本大学附属高校だったらしいという話からそのまま日本大学へ進学したのではないかと言われています。
【桜色涙|https://s.ameblo.jp/kurosawa-tomoyo/entry-11998099446.html

ちなみに、出身高校の特徴が“高校3年生で傘を持ち浴衣で盆踊りがある”ことや、ダブルタイフーン・竹飛び・棒引き・綱引きの競技がある高校、ということがわかっているそうですが、この条件の中高一貫校が日本大学附属高校なのかは不明です。

大学入試はセンター試験を受けたそうなので、もしかすると出身高校はもちろん日本大学という可能性は低いのかもしれません。

他の可能性としてあげられている進学先大学の候補は、東京成徳大学と明治大学です。

東京成徳大学は、2016年にエンターテイメント関連の学部を新設し、アニメを含むサブカル的な要素を盛り込んだ経営を学ぶことが出来するようになっています。
黒沢ともよさん本人が経営系の学部に進学したと話しているので可能性としては高いと思われます。

明治大学が候補にあがっている理由は、黒沢ともよさんの“3年になってキャンパスが移動した”という発言が元になっています。

他にも法政大学ではなかという噂もあります。
業界内に友人が多いので、誰か有名な声優さんと同じ大学に通っているのかもしれません。

結果として、2015年から大学に進学していますが、芸能活動を行いながら勉強も頑張っている黒沢ともよさんの本当に通っている大学名まではわかりませんでした。
あと少しで卒業になるので、もしかすると卒業後に通っていた大学に関する情報が飛び出すのかもしれません。

黒沢ともよの子役から現在までの経歴

2000年、当時3歳で東京児童劇団に所属しました。
2003年に出演した舞台『奇跡の人』をきっかけに役者としての道を本格的に考えるようになります。
同年に出演した『新・美空ひばり物語』では幼少期の「美空ひばり」さんを演じ、黒沢ともよさんの高い演技力に賞賛の声が集まるほどに才能を開花させました。
この時から、演技だけでなく歌にも力をいれるようになります。
2010年の映画『宇宙ショーへようこそ』の「小山夏紀」役で声優デビューを果たします。
その後声優という職業に本腰を入れるべく、12年活動した東京児童劇団を退団し2012年から現在のマウスプロモーションに所属しました。
声優へ転職した黒沢ともよさんは、早速2012年に放送された『アイカツ!』の「有栖川おとめ」役で初レギュラーを獲得します。
2013年に放送された『ドキドキ!プリキュア』ではOPを担当し、9人目の主題歌担当歌手という称号を手にし、歌手としても活動の幅を広げるきっかけとなります。

2015年放送の『響け!ユーフォニアム』では「黄前久美子」役として初の主演を担当することになります。
本作は、2期や劇場版などに続く人気作品となり多方面に様々な影響を与えました。
この作品への主演がきっかけとなり、2018年の『第12回声優アワード』では主演女優賞を受賞しました。

さらに、自身がパーソナリティを務める『結城友奈は勇者である 勇者部活動報告~ラジオの章~』が『第4回アニラジアワード』にて最優秀女性ラジオ賞(新人賞)を受賞しています。

2018年3月、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のライブでは、「赤城みりあ」役として持ち前の歌唱力だけでなく難しく激しいキレッキレのダンスを披露し話題となりました。

スポンサーリンク


黒沢ともよは演技が下手?

黒沢ともよさんの演技についての意見に賛否があり、中には滑舌が悪いや演技が下手だという声もあります。

そんな黒沢ともよさんの演技力は他の役者さん達から一目置かれる存在でもあり、もしかすると下手に聞こえるのは下手にしてくださいという指示を受けて純粋に演じきった結果ではないかという話もあります。
そこで、実際本当に演技が下手なのかを検証したいと思います。

黒沢ともよの演技が下手だと噂になった作品

黒沢ともよさんの演技について下手になったと噂になった作品が、『響け!ユーフォニアム』で、1期と2期での演技が全く違うという意見が発端となっています。

劇場版も好評な大人気シリーズ『響け!ユーフォニアム』で「黄前久美子」役として主演を演じた黒沢ともよさんですが、2期放送直後に演技が下手になったや、1期の時の声を忘れているという意見が上がってきました。
ここから、黒沢ともよさんの演技が下手だからという話になっていますが、もしかすると演出側の意図という可能性もあります。

しかし、『響け!ユーフォニアム』2期の物語が進むにつれどんどん感情が込み上げていき、11話でその感情が爆発したのか賞賛の声しか残りませんでした。

表現の化け物と賞賛される黒沢ともよの演技

芸歴が長いだけでなく、培った経験がしっかりと身についているようで、演技力はもちろん歌唱力も高い黒沢ともよさんは“表現の化け物”とまで言われるほどに高いレベルで安定しています。

そして、黒沢ともよさんのパフォーマンスの高い演技を目の当たりにした関係者からの評価は“ベテラン新人声優”と呼ばれ、現場でも年上の共演者から敬意を評して“ともよ先生”とも呼ばれているそうです。
しかし、本人的には“ともよ先生”と呼ばれることが恥ずかしいらしく、反応に困っている姿がかわいいです。

スポンサーリンク


子役から芸歴が長く性格が悪い?

芸歴が長いからなのか、黒沢ともよさんの性格が悪いという噂があります。
最後に、黒沢ともよさんの周りへの対応について紹介します。

新人への対応がドライな黒沢ともよ

子役から数えてもうすぐ芸歴20年という大きな節目を迎える黒沢ともよさんですが、新人声優に対する対応がドライすぎるとの意見がありました。

噂の原因となった出来事は『響け!ユーフォニアム』のラジオ番組でのことです。
放送中の黒沢ともよさんがとった受け答えが、他の出演者に対しての温度差が如実に現れていたとのことでした。

実際のところ、性格が悪く周りに対する態度が良くないという噂の本当の所はわかりませんが、黒沢ともよさんの友好関係は広く、舞台俳優やミュージカル業界にも多くの友人知人がいるそうです。
そういった縁を大事にしているようなので、そこまで性格が悪いとは思えません。

黒沢ともよの心に残る大事な言葉

子役時代、大女優の「大竹しのぶ」さんからもらった“いい役者になりたかったら、いい人間になりなさい”という言葉は、黒沢ともよさんの心に残る大事な言葉となっているようです。
そして、黒沢ともよさんの努力と才能で高められた演技は、この言葉が根源となっています。

そんな黒沢ともよさんが大好き人も多く、特に「夏川椎菜」さんと「伊藤美来」さんとは“なんともみっく”の愛称でまとめられているほど大の仲良しだそうです。
他にも、「諸星すみれ」さんやAKB48の「渡辺麻友」さんともプライベートで一緒に遊ぶほど仲良しだそうです。

芸歴がもうすぐ20年を迎える現役大学生で、声優アワードを受賞した今一番話題の声優黒沢ともよさんについて紹介しました。
ちなみに、子役時代の時同じ子役出身の「尾崎由香」さんと大河ドラマで共演していたこともあるそうです。
世の中、本当に狭いですね。

目力があって性格が強そうなイメージがある黒沢ともよさんは、あえてファンや周りに媚びを売るようなことはしないかっこかわいい女性のようです。

芯をしっかりと持った実力派声優の黒沢ともよさんは、20代も前半なのでまだまだこれからです。
今後どんな作品に出て、どこまで高い存在になっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク


 - VOICEACTRESS , , , , ,


PAGE TOP
error: Content is protected !!